読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「豊洲市場は赤字!」を強調するカラクリ(番外編):「築地改修案は運転資金不足」のちょっとした解説

26日に市場問題PTの第8回会議があり、27日に「市場のあり方戦略本部」(以下:戦略会議)の第2回会議と続いたため、情報が増えすぎて検討が追いついてませんが、本当に「この半年間、何も進んでいない」ということがよく分かりました。

実は「築地改修案の場合は市場運転資金が不足する」という説明資料を作っていたのですが、本日の戦略会議で同じ内容が発表されていたようでちょっと安心しました。(都の職員の方、お疲れ様です)

築地再整備に財源の壁 都の戦略本部「19年度にも資金不足」 :日本経済新聞

戦略会議の資料にはまだ目を通せていないですが、市場問題PTの資料を元になぜ築地改修だと市場の資金がショートするのか分かる範囲で説明します。

結論から書きますと…「借りたお金をもうすぐ返さないといけないから」です。

続きを読む

「豊洲市場は赤字!」を強調するカラクリ(その3):市場問題PTによる「豊洲市場の赤字は年140億円」の裏側

昨日、市場問題PTの小島私案の資料の誤りについて指摘したところ、たくさんの方に読んで頂けたようです。ありがとうございます。

しかし市場問題PTは「報告書に豊洲移転案と築地改修案の両論を併記する」と豪語してるみたいですね…。

this.kiji.is

「豊洲移転は1兆円の赤字!」とか騒ぐ前に、自分たちの資料をちゃんと見直して頂き、無駄に支払われた都税は返して頂きたいと思います。

(築地再整備案の実現性を疑問視している一部の委員の方は、本当にお辛い立場かと思いますががんばって頂きたいです)

さて、昨日に引き続き小島私案にダメ出しをしていきたいと思います。
3000文字と長いですが、本日もよろしくお願いします。

続きを読む

「豊洲市場は赤字!」を強調するカラクリ(その2):市場問題PTによる「豊洲市場は60年間の累積赤字額 約11,420億円」(追記アリ)

世の中には「豊洲市場は無駄にお金がかかる」というイメージを植え付けたい方がたくさんいらっしゃるみたいですが、小池都知事に任命された「市場問題PT」の一部の方々も次のような大胆な資料を作成していらっしゃいます。

f:id:arch-database:20170422114038p:plain

f:id:arch-database:20170421195120p:plain

[2017年4月8日]東京都専門委員による説明と意見交換配布資料:豊洲移転案(PDF:2.2MB

上の画像は「いかに豊洲市場が問題を抱えているか」という内容を示した豊洲移転案の資料にある
「豊洲市場の60年 どうなっているか?」(P12)
「60年間の累積赤字額 約11,420億円」(P13)

と題されたグラフと表になります。

60年で1兆1420億円の赤字とは、本当にすごい大きい数字です。平均すれば年間200億円の赤字となります。
しかし、前回の記事にも記しましたが豊洲市場の単体の営業赤字は「年間27億円」程度だと考えられています。
60年そのまま27億円の赤字を出し続けたとしても1620億円なのですが、それだけでは到底届かず9800億円のヒラキがあります。

市場問題PTは、豊洲市場の抱える隠された巨額な赤字を発見したのでしょうか?
それとも「豊洲市場は赤字」というイメージを植え付けたいという気持ちから、大げさな数字を書いただけなのでしょうか?

そのあたりに注目しながら資料を見ていきましょう。

続きを読む

「豊洲市場は赤字!」を強調するカラクリ(その1):ニュースタイトルには気をつけよう

世の中には「豊洲市場は無駄にお金がかかる」というイメージを植え付けたい方がたくさんいらっしゃるのか、「豊洲市場の整備費に約6000億円!」とか「豊洲市場は毎年約100億円の赤字!」というニュースを見かけます。

www.asahi.com

www.asahi.com

別々のニュースのために気づきにくいですが、この6000億円と100億円の中では同じ費用を重複していますので注意しましょう。

以下、ちょっとした解説。

続きを読む