読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ:AirbnbがNYで規制を強化するって話

「家を貸したい人と借りたい人をネット上でマッチングする」というシンプルな思想の元で作られたサービスであるAirbnbですが、ニューヨークのような観光都市にとってその影響は非常に大きいことが実感させられますね。

f:id:arch-database:20161020204233p:plain (画像はNYTimesのページより拝借)

「Airbnb Proposes Cracking Down on New York City Hosts」(The NewYork Times)

シンプルなコンセプトであったゆえに、商売として成功してしまうことで「多少高くても貸すために家をたくさん所持したい」という層が現れ、地域の家賃が不当に上昇、もともと住んでいた居住者が追い出され街そのものの魅力が減少してしまう、という負のサイクルが生まれてしまっているようです。

ITの社会的利用者が増えれば増えるほど、サービス設計者は「どんなサービスなのか」という事業に関わる部分だけでなく「そのサービスによる影響がどこまで波及するのか」まで考慮しなければならない時代になりつつあります。

このあたりは時間のある時に改めてまとめたいです。