読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラム「SF映画と建築」の紹介

Through the Lens: Sci-Fi & Architecture

SF映画ってフィクションを描いているけど、撮影のセットとして利用するなど、近代建築の影響を受けているよね、という話。SF小説が好きな自分としては、最後の段落が建築家は未来を描く人なんだ!みたいに締められていたところも含めて、非常に共感するところが多い記事でした。

… It shows that contemporary design is seen as having a part in our future and acknowledges that the architectural profession is an important leader in shaping that future.


f:id:arch-database:20130414170003j:plain
Everett Collection A scene from “Sleeper”
Woody Allen’s 1973 sci-fi comedy "Sleeper"

"Sculptured House" by Charles Deaton
f:id:arch-database:20130414170113j:plain



f:id:arch-database:20110504090916j:plain
The Blade Runner Mansion: The Story Of Frank Lloyd Wright’s Ennis House In Los Angeles
Ridley Scott’s 1982 "Blade Runner"

f:id:arch-database:20130414171114p:plain
Ennis House / Frank Lloyd Wright. Images © Flickr Users Troy Holden (left) and curls q (right)
"[om/83583/ad-classics-frank-lloyd-wright-ennis-house/:title=Ennis House]" by Frank Lloyd Wright


ただ一方で、伊藤計劃氏の「ハーモニー」や神林長平氏の「ぼくらは都市を愛していた」などのSF小説を読むと、そこで描かれる実際の建物はアノニマスやバナキュラーな物になっていたりして、近年のSF小説が描いている「architectureへの想像力」の変化を感じるんですけどね。