読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The New ‘Context’ in Architecture: Learning From Lebanon

Archdailyにてレバノン建築を事例に、建築の新しいコンテクストについての論考が紹介されています。紹介されている建物のは
・The Issam Faris Institute at the American University of Beirut’s Historic Campus / Zaha Hadid Architects @Beirut
・The Lebanese American University Campus / Samir Khairallah and Partners@Byblos
・The Saint Joseph University Campus of Sports and Innovation / Youssef Tohmé and 109 Architects @Beirut
の3つの建築です。

設計は古い建物に合わせるのではなく、地域に合わせたフォルマリスティックな建築もありうるのではないか、という要旨になっているのですが、どちらかというとポスト近代になっている大都市の問題と、現在近代化が進んでいる都市におけるスタンスの違いって理解でいいんじゃないんでしょうか。

The New ‘Context’ in Architecture: Learning From Lebanon
(via Archdaily
f:id:arch-database:20130406035512j:plain
he Issam Faris Institute at the American University of Beirut’s Historic Campus. Image © Zaha Hadid Architects.